正しいタオルドライの方法 -ちゅらかみオキナワ-

ダメージヘアケア -ダメージヘア予防・改善ケア方法-

乾かし方で決まるタオルドライ

髪の運命を分けるといっても過言ではない、タオルドライ。
せっかくいいシャンプー剤やトリートメント剤を使っても、タオルドライの仕方ひとつで全て台無しということもあるんですよ。

頭を両手で挟みこむように、“ワシャワシャー!”とやってしまうのは、手っ取り早いのですが、残念ながらNGです。髪が変な形にねじれてしまい、クセがついてしまうからです。

また、ロングヘアの人でやりがちなのですが、髪を雑巾のようにねじって絞るのもタブーです。お風呂で開いたキューティクルが、一気に剥がれ落ちてしまいます。

正しいやり方は、タオルで髪を押さえるように、水分をとること。水気を髪からタオルに移していくイメージです。
それから、美容室でよくやるようなターバン巻きをして、残った水分を吸い取ります。
その間にスキンケアなどをしちゃいましょう。

ドライヤーをかけるのはその後。
しっかりとタオルドライをしてからかけることで、時間も短縮できますよ。

特集一覧ページに戻る

ダメージケア

  • 紫外線・UVカット
  • ブラッシング
  • シャンプー
  • トリートメント
  • タオルドライ
  • ドライヤー
  • 生活習慣
  • 頭皮ケア
  • 頭皮の血行促進