シャンプーの方法 -ちゅらかみオキナワ-

シャンプーの方法 -ちゅらかみオキナワ-

ダメージヘアケア -ダメージヘア予防・改善ケア方法-

正しい髪の洗い方シャンプー

まずは正しいシャンプーの方法です。
まず、髪の毛についた汚れをざっくりと落とすためにブラシなどで落としておきます。
その時に髪の毛のもつれなどを取り除くのにも有効です。またブラシやクシや目の粗いものを選ぶほうがいいと思います。

対に地肌をしっかりとお湯でぬらしていきます。温度としては人肌よりも少し温度が高いくらいの40度くらいがベストです。
あまり温度が高すぎると頭皮の乾燥を引き起こすのでご注意です。また、しっかりとぬらすことでシャンプーの泡立ちを良くする効果があるのです。
そして昼間に使ったスタイリング剤はこのときに出来るだけ落とすようにするとよいと思います。

お湯で濡らした後は髪の毛についた水分を適度に取り除きます。この時にお湯が髪の毛に残っているとシャンプーの泡立ちが良くないので要注意です。

また、シャンプー前にもブラッシングすることが大切なのです。
その理由はブラッシングをすることで頭皮から汚れが浮き上がり、洗った時に効率よく髪の毛を洗えるのです。

シャンプーはできるだけ手のひらであわ立てるようにします。泡立てネットを使って泡立ててもよいでしょう。
このときにしっかりと泡立てることは本当に重要です。
また、原液を直接的につけると洗い残しや頭皮のトラブルの原因になることがあるので要注意です。

ブラシはできるだけ自然素材のものを使頭皮全体にシャンプー剤を馴染ませたら、しっかりと洗ってきます。
髪の毛を洗うのではなく頭皮をしっかりと洗うことを大切にしましょう。マッサージをするようにしてください。

最後にしっかりと頭皮を中心にシャンプー剤を洗い流したら終了です。
洗い流す時にはしっかりと頭皮にシャワーを当てるようにしながら流しましょう。

特集一覧ページに戻る

ダメージケア

  • 紫外線・UVカット
  • ブラッシング
  • シャンプー
  • トリートメント
  • タオルドライ
  • ドライヤー
  • 生活習慣
  • 頭皮ケア
  • 頭皮の血行促進